So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の5件 »

「これでスワップ再開に観光・平昌に来い ふざけるな!」 ⇒ 【韓国】文大統領が“タカリ外交”宣言、徴用工問題で日本企業2000社標的 識者「補償ビジネスを国家ぐるみでやるということ」

soc1708210003-m1.jpg

またも歴史問題の蒸し返しを宣言した文在寅大統領


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が歴史問題を蒸し返し、日本に「タカリ外交」を展開する姿勢を鮮明にした。就任100日の17日に開いた記者会見で、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工問題について、「個人の権利は残っている」と述べたのだ。

 韓国政府として、個人請求権が消滅していないとの判断を示したのは初めてとなる。慰安婦問題に加え、徴用工問題が新たな「賠償カード」となり、訴訟を通じて日本企業に補償を迫ってくることは確実だ。

 徴用工をめぐる文氏の17日の発言は、狂気の沙汰としかいいようがない。1965年の国交正常化に伴う日韓請求権協定に基づき、日本政府は政府や企業に補償、賠償の義務はないとの立場で一環している。

 韓国政府も2005年、徴用工問題について「解決済み」との立場を示していた。慰安婦とサハリン残留韓国人、韓国人被爆者については協定の対象外と主張する一方で、協定で日本から韓国に支払われた3億ドルの無償資金は「強制動員の被害補償問題を解決する(性格の)資金」と指摘していたのだ。

 05年といえば、文氏の盟友で「反日」に邁進(まいしん)した盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代。しかも、文氏は政権の高官を務めていた。

 ところが文氏は、韓国人の個人請求権が消滅していないとする12年の韓国最高裁の判断をよりどころに「韓国政府はこの立場で歴史問題に臨んでいる」と説明した。

 12年の最高裁判断後、韓国では元徴用工らが日本企業に損害賠償支払いを求めた12件の訴訟で、日本企業に賠償を命じる判決が続いている。最高裁の最終的な確定判決は出ていないが、文氏の今回の発言で原告勝訴の確定判決が出る可能性は高まり、その場合、日本企業は多大な出費を強いられることになる。

 慰安婦問題についても、文氏は「慰安婦問題が判明し、社会問題となったのは(1965年に日韓基本条約を締結した)韓日会談よりかなり後で、会談で解決したというのは正しくない」と述べ、「未解決」と強調した。

 こうした文氏の発言について、拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「韓国は永久に補償ビジネスを国家ぐるみでやろうとして、大統領がその先頭に立ったという宣言だ」と指摘する。さらに、「韓国が作った『強制動員調査委員会報告書』の中には、徴用工問題で日本企業の名前が2000社ぐらい出ており、今後、訴えられる可能性がある。日本企業は唯々諾々として、不当な判決に応じるべきではなく、2000社は結束して不当な請求に対しては応じないという姿勢をはっきりと示すべきだ」と語った。

zakzak by 夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170821/soc1708210003-n1.html

北は核でたかり、南は慰安婦徴用工でたかる、南北揃ってたかり民族。

日本を敵にするの好きだから、世界から見てもBAKA!

日系資本撤退のきっかけにはなる。

まず経済制裁して、ゆくゆくは断交で!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧 [ 宮崎正弘 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)




【デルメッド ヘアエッセンス】初回おためし価格で紹介

最強の媚薬 バイアPT3の口コミ効果・体験談

真激 シトルリンドリンク800αの口コミ評価体験談

DOPPELGANGER OUTDOOR人型寝袋フリースの口コミ評価

簡単で効果絶大【1Dayミラクルダイエット】モニター結果と口コミ評価

共通テーマ:ニュース | nice!(0) | コメント(0) | 編集

「どうやって刀抜くんだよこれwwwww」 ⇒ 【バ韓国】朝鮮人、刀の持ち方を知らないwww バ カ す ぎ ワロタwww

共通テーマ:お笑い | nice!(1) | コメント(0) | 編集

「印象操作どころか捏造だろ!」 ⇒ 【マスゴミ】バイキングが国会での居眠りを捏造してマスコミ界のバイ菌キングに

バイキング(フジテレビ)がとんでもなく悪意ある捏造をやらかした。官僚たちが資料を見る際に下を向いたところ、バイキングがその瞬間を切り取って「居眠り」と報じたのだ。

https://twitter.com/YES777777777/status/897320872750469121

「大臣の後ろで長い答弁に耐えられなかったのか、睡魔に負ける人たち…と」

vikingsleep-2.png

坂上忍「いや~やっぱりYOUさん、睡眠は大事ですよね」

「これ何人寝てるんですか?」

「4人ぐらい。あ、後ろもだ」

坂上忍「お疲れなのかもしれないですけど、この方々がお眠りになられている間も我々の税金はつぎ込まれている!ありえない額の税金が垂れ流しにされていると考えて頂きたい」

「1年間の国会の運営費が1,384億円。一日に換算しますと5億6,000万円」

坂上忍「ヒロミさん、こんなにかかってるんですよ!」

ヒロミ「え!?国会開くのに1日5億かかるの!?」

しかしバイキングが切り取ったシーンを実際の中継映像で確認したところ、官僚たちは寝ておらず手元の資料を見ているだけということが分かった。それぞれ資料をめくったり頭を動かしたり、まばたきをしたりと起きていることは明白だ。

一番後ろの女性は動きが分かりにくいが、頭を微かに左右に動かしたうえで最後に右手を動かしているのが映っている。

おそらくバイキングの制作スタッフもこの事実に気づいただろうから、これはもはや悪意をもってフェイクニュースをつくりあげたと言っても過言ではない。うっかり誤った情報を流してしまったのならともかく、これは完全に一線を越えている。

ひるおびの握手拒否捏造報道に匹敵する酷さだ。きちんと番組で非を認めて謝罪してほしい。

net geek
http://netgeek.biz/archives/101331

1日5億円かかるのに毎日毎日加計学園加計学園加計学園...。

森友加計問題で半年間無駄金使ってたんだけど・・



女性専用育毛剤【DERMEDデルメッド ヘアエッセンス】口コミ評価

激安!ノコア(NOCOR)アフターボディトリートメントクリームを最安値で紹介

真激 シトルリンドリンク800α シトルリン・アルギニン等の強力成分がドリンクになった。

グレードアップした『すらっと宣言ゴールド』の口コミ評価・レビュー

高純度!レディーズプエラリア99%でバストと女子力アップ

共通テーマ:テレビ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

「四重国籍の国籍無双?これぞ疑惑の総合総社!」 ⇒ 【蓮舫の重国籍疑惑】パスポートに「ソウル・駐韓大使館」と書かれている謎。韓国の華僑だったのか?

台湾の国籍離脱証明書と期限の切れたパスポートを公開した蓮舫に不審な点があると多数の声があがっている。

謝蓮舫のパスポートになぜか韓国の表記が。

renhokorea-1-458x600.jpg

パスポートには3箇所に渡り、「中華民国駐韓大使館(京)」
「EMBASSY OF THE REPUBRIC OF CHINA IN SEOUL(TOKYO)」
「EMBASSY OF THE REPUBRIC OF CHINA・SEOUL」の文字が。

台湾の国籍が残っていたと公表した蓮舫のパスポートに韓国からみの表記があるのはなぜなのだろう。

renhokorea-4.jpg

ネット上では即座に話題になり、2つの仮説が浮上した。

(1)蓮舫が韓国の華僑だった説。

蓮舫の家系、特に母親の出自については不明なところが多い。実は台湾の国籍を持ちながら韓国に居住していたためパスポートの発行が最寄りの駐韓大使館になった。そうであれば韓国の国籍も持っていた可能性があり、四重国籍という可能性も脳裏をよぎる。

(2)国交がなかったので代行した説。

当時の日本は台湾と国交がなかったので台湾に直接パスポートを発行してもらうことができず、韓国ソウルにある台湾大使館を経由してパスポートを発行してもらった。この場合は国籍問題は絡まないが、パスポートがない状態で韓国に行けたのかという疑問は残る。証明書の写真は一体どこで撮ったものなのだろう。

蓮舫はこの不可解な点について、きちんと国民に説明責任を果たす義務がある。改めて親にも自分の出自を確認しておく必要があるだろう。

そもそも蓮舫が公開した国籍喪失許可証書は写真がポスターの使い回しで明らかにおかしかった。

renhogizo-2-478x500.png

ポスターでは胸元に黒いシャツ部分が見えるが、国籍喪失許可証書ではその部分をカットして転用していることが分かる。

まるでコピペで作ったような書類でいまいち信頼できないというのが日本国民の大方の見方だ。

renhogizo-4-488x600.jpg

無効な証明写真の一例を確認するとまさに左下の写真が蓮舫に当てはまる。

renhokorea-2-600x464.jpg

事実、複数の台湾人が「台湾は写真審査が非常に厳しいので蓮舫の斜め向きの写真では許可されない」「絶対にありえない」「この写真は許されない。やり直しになる」とコメントしていた。政治家であるから特別な便宜が図られた可能性もあるが、しかしそれにしてもポスターの写真を転用するというのはあまりにも軽率だ。

韓国に住んでいたことはあるのか?韓国の血は流れていないのか?韓国籍は持っていないのか?次々と浮かび上がる疑念を晴らすべく蓮舫にはきちんと何があったのかを説明してほしい。

net geek
http://netgeek.biz/archives/99802

その他にもやばいポイントが盛りだくさんです

65ad26e2.jpg

祖父-謝達淋 台湾生まれ 中国工作員
祖母-陳杏村 台湾生まれ 中共と台湾の二重工作員
父 -謝哲信 祖母から受け継いだバナナマフィア
母 -斉藤桂子 中国と朝鮮のハーフ 在日朝鮮の帰化人
夫 -村田信之 フリージャーナリスト

祖父の死後、20年後に父誕生?
蓮舫は父謝哲信12歳の時の子供

結局のところ、この人誰なの?

戸籍謄本が通常ではありえないページ数になっている。

実は朝鮮人で国籍乗っ取りとかでも驚かないわレベルだ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の敵 [ 田母神俊雄 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/23時点)




安全!育毛剤 イクオス(IQOS)は国産で無添加・無香料・無着色

激安!オールインワン化粧品【ビバレイン】を最安値で紹介します

【1Dayミラクルダイエット】食事制限なし!運動なし!簡単・経済的!

激安『ベジデーツ 野草果実酵素90』を最安値で紹介

真激 シトルリンドリンク800α 口コミの効果と副作用

「開発=パクリが失敗しただけ、水車から作れ!」 ⇒ 【韓国】新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立

wst1707180006-p1.jpg


韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。(岡田敏彦)

 赤点は誰のせい?

 訴訟トラブルは6月末に明らかとなった。韓国通信社の聯合ニュースなどによると、K2戦車の変速機を開発していたS&T社が変速機の耐久試験に“ギブアップ”したのだ。

 S&Tの主張は「韓国の国防規格は、走行距離が9600キロに達するまで欠陥があってはならないことを意味している。この耐久試験中に欠陥が発生した場合、最初から試験をやり直さなければならない」というもの。同社では試験に時間がかかるとし「このままでは試験を無限ループするしかない」とし、国防規格や試験方法の変更を求めたが受け入れられなかったとして、再試験中断を求めソウル中央地裁に仮処分申請を出したことを6月30日に明らかにした。

 国の定めた規格が厳しすぎるという主張だが、これは「私が試験で赤点なのは、試験問題が難しすぎるからだ。もっと簡単な問題に変えるべきだ」というに等しい。というのも“他の生徒”は試験に合格しているのだ。

現地メディアによると、かつてK2の変速機は、いつまでたっても国産化できず、車体だけが多数完成して倉庫で埃をかぶる状態になっていたとされる。そこで韓国政府はドイツ製のパワーパック(変速機とエンジンが一体化されたもの)を約100台分購入し、なんとか完成させ、軍に納入した。一方で「これでは当初予定していた国産化とはいえない」として、その後も変速機(とエンジンを一体化したパワーパック)の国産化にこだわってきた。

 ところが韓国製の変速機は試作したものの試験のたびに欠陥が明らかになり、ドイツ製との「質の差」が明らかになるばかり。既にドイツ製を搭載したK2戦車は実戦配備され、何の問題も起していないのだ。

 これほど差がつく背景には、歴史的な技術力の蓄積の違いがある。

外国頼み

 韓国では冷戦時代、M48など米軍の中古戦車を大量に使用してきたが、1970年代には北朝鮮軍も強力な戦車を配備したことが明らかになり、相対的に旧式化が進んだ。

 このため韓国政府と軍は80年代に独自の戦車開発を模索したが、ノウハウが全くなかったため、米クライスラー社に設計を依頼した。同社は当時、米軍の主力戦車M-1エイブラムスの開発・製造に携わっていたことも考慮された。

 開発、試作は全て米国側の手で進み、生産は韓国という形で初の「韓国産」戦車のK-1量産車が84年に誕生した。とはいえ、韓国での生産は、全て米国の指示通りに作るだけのもので、部品や機構の形状や強度の必然性について理解する必要はなかった。

後に韓国軍はK-1の主砲を105ミリ砲から120ミリ砲に強化したK1A1を独自開発したが、重量増加でやはり変速機に故障が続発するなど、トラブルに見舞われている。単純な「組み立て作業」から脱却できていなかったのだ。

 しかし変速機といえば乗用車やトラック、ブルドーザーにもバイクにも、つまりエンジンがついているものには漏れなく付随する機械だ。韓国でも乗用車を生産しており、未知の機械ではない。このあたりで韓国の“戦車業界”は勘違いしたようだ。自動車の変速機が国産できるのだから、戦車の変速機も国産できるはずだと-。

 歴史の違い

 普通乗用車の重量は1トン前後だが、戦車の重量は50トンを超え、変速機など駆動部分にかかる力は幾何級数的に増大する。ドイツが開発した第二次大戦時最強とされる6号戦車「ティーガー2」の場合、重量は70トン。エンジンはV型12気筒、排気量23000ccで700馬力と、現代の乗用車とも桁違いだ。

 大戦前の1934年に開発した1号戦車が重量約5・4トン、エンジンは4気筒57馬力だったが、ここから地道な努力を10年重ね、第二次大戦末の6号戦車開発につながった。ちなみに6号戦車の泣き所の一つは、車体の大重量による変速機(最終減速機)の故障だった。ただし平和な試験場ではなく、実弾が飛び交い、ろくに整備もできない戦場でのことだったが。これが70年以上前の出来事なのだ。

ドイツではその後も冷戦期に欧州諸国でベストセラーとなるレオパルト戦車各種を開発するなど、技術と知識が継承されている。こうした科学力と工業力が基礎にある国こそが、戦車を国産化できるのだ。

 トータルバランス

 ちなみに第二次大戦当時のレシプロエンジンを見れば、ドイツのフォッケウルフTa152 H-1戦闘機に搭載された「ユモ230E」がV型12気筒1750馬力。こうした大馬力を扱うには、当然ながら“周辺機器”もふさわしいものが求められる。

 車であれば、エンジンを高性能化すれば変速機も、ブレーキも、車体フレームも…と次々に改良が必要となる。それは戦車でも同じだ。

 戦車開発の基本は「走・攻・守」の3要素にある。機動力を上げるためには大馬力のエンジンが必須だが、攻撃力を上げるためには、大きく重い主砲を搭載しなければならない。一方、防御力を上げるためには分厚い装甲が必要だ。この3つのバランスを整えることは難しい。

 大きく重い主砲を積めば機動力は落ちる。それを補うためには、大馬力のエンジンを積めば問題は解決しそうだが、そうはならない。大馬力のエンジンは当然サイズが大きくなり、変速機も丈夫で大きなものが必要となる。この「大型化」によって、エンジンと変速機を防護する(覆う)装甲板の面積が増え、さらに重量が増す。各要素のトータルバランスを考える能力が開発者集団に必要なのだ。

 いまさらテレビ

 韓国SBSテレビ(電子版)は10日、韓国電気メーカーの生産したテレビが数年で故障し、購入者から抗議が相次いでいると伝えた。

問題のテレビは韓国LG電子が14~15年に製造したLEDテレビで、最近になって画面に硬貨ほどの大きさの白い点が現れ、数日で次々に増えていくという症状が発生し、ユーザーらの怒りを買っているというのだ。

 ちなみにLEDテレビとは、画素の一つ一つがLEDで構成されているわけではなく、バックライトがLEDのものを指す。従来の蛍光管を用いるものより薄型化が可能だとされる。

 白い点の原因は、このLEDバックライトの光を拡散させるための樹脂製レンズが脱落し、拡散されない光がそのまま画面に見えてしまうからだとSBSは指摘する。ライトは十数個~30個程度内蔵されており、生産から2~3年で次々とレンズが脱落していくため、白い点が増えていくというのだ。

 接着剤が悪いのか、脱落するような構造にした設計が問題なのか…。

 最新技術を追いながら、基礎的な技術に欠けるという点ではK2戦車と同様の構図のようだ。

産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170718/wst1707180006-n1.html

いつものように、開発=パクリ が失敗に終わっただけ!

韓国製のまともな兵器、銃器は?

ひのきの棒、万能壁画、火炎瓶、F5アタックぐらいか!

このレベルなら、戦車より水車から作らないと!!

これで輸出とか原発にロケットって、笑わせる!



育毛成分CTP配合【DERMEDデルメッド ヘアエッセンス】驚きの効果

ノコア(NOCOR)で妊娠線・肉割れ・セルライトが消えるクリーム

激安!シワクリームgracieux(グラシュー)を最安値で紹介

激安!EVOLVED LEVEL5(エボルヴ レベル5)を最安値で紹介

激安!【部分痩せ対応EMSマシン】ボディカルを最安値で紹介

-  |  次の5件 »
Copyright © 日本の政治と世界情勢 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます